めるっちょめえ

愛犬 メルとの日常や犬についての情報を綴っています。トリマーとして学んだことや犬を飼って体験したことを発信していきます!

【病気】ぶどう膜炎ってどんな病気?どんな症状?

 

 

veterinary clinic,pet clinic,pet,adult, animal, app, application, background, canine, care, computer, consultation, cute, doc, doctor, dog, drugs, exam, examining, female, girl, health, hispanic, internet, isolated, labrador, latin,

 

今日はメルの病院の日でした。

メルはぶどう膜炎角膜潰瘍という病気です。

 

おかしいなと思ったのは去年の7月

ルンルンな足取りが伝わってくるほどの大好きなお散歩も歩くのを嫌がるようになりました。

名前を呼んで目が微妙に合わなかったり、家具にぶつかったり

おかしいなと思い、病院で診てもらいましたが大丈夫ということで安心して帰りました。

 

が、やはりおかしい。。。

そして翌日、お散歩に行ったときに確信したのです。

メルの名前を呼んだとき、メルが手探りで私を探しました。

でもここには私はいません。

確実に見えていないことを確信しました。

 

メルは当時4歳

 

知り合いの飼っていたワンちゃんの目が急に見えなくなり数ヶ月後に亡くなってしまった話を思い出しました。

そのワンちゃんは当時5歳。

 

脳に腫瘍が出来てしまったみたいで、そのせいで目が見えなくなりました病院に連れて行った時にはもう手遅れだったそうです。

 

メルもそうなんじゃないか。。。と悪い方にばかり考えてしまい、気が気じゃありませんでした。

 

dog

 

すぐにでも診てもらいたかったけど、時間はもう23時

夜間の救急病院に連絡しても、すぐ命に関わるようなことでないからと取り合ってもらえませんでした。

確かにそうかもしれないけど、その時の私は不安で不安でしょうがなかった。

あんなに元気でいつも通りだったメルに何が起こっているのか知りたくてプロの診断がほしかったのです。

 

見えていないメルの姿が衝撃的で悲しくて見ているのが辛くて、泣きながら抱っこして帰ったのを今でも覚えています。

見えないって不安でしょうがないはず。
せめて安心できるように、いっぱい撫でていっぱい話しかけました。

 

次の日すぐに眼科専門の先生がいる病院に連れて行きました。

半日かけて検査をして、病名はぶどう膜炎

原因は不明

 

その日から飲み薬と目薬の治療が始まりました。

毎週1時間かけて病院に行き、毎日朝の4時に起きて目薬をさす。

想像すると大変だけど、メルの視力を取り戻せるなら全然苦じゃありませんでした。

 

結果、右眼は視力を取り戻し眼圧も安定

左眼は眼圧が低いまま安定してしまいほぼ見えていません。

原因が分からないのでまたいつ再発するか分からず、予防のために目薬は続けて2ヵ月に1回の通院になった途端、今度は見えていた右眼の様子がおかしい。

涙、目ヤニ、目が開かない

 

病名は角膜潰瘍

 

その日は担当してもらっている眼科医の先生がいなかったので、コンタクトを入れて瞼を縫い合わせて帰宅しました。

初めてのエリザベスカラーなので、メルも落ち込んでしまいトイレも出来ないご飯もお水も飲まない眠れないみたいで介護みたいな生活をしました。

 

3日後、眼科医の先生に診てもらったところそこまで深刻な状況ではないようで、抜糸をしてカラーもストレスになっているようなので外し飲み薬と目薬の治療が始まりました!

そして3回目の通院の今日、傷に血管が入り見た目は眼が赤いので痛そうですがちゃんと修復しているとのこと!

安心^ ^

今は隣でイビキかきながら寝ています。

 

見えている右眼はなんとか守らないとです。

 

眼の病気は割と飼い主さんも気付きやすいそうです。

緑色の目ヤニや涙、目が開かないほどショボショボしていたり元気がなく寝てばかりだったりするときはすぐに病院にいきましよう>_<